業務スーパーの食材の産地はどこ?国産はある?安心安全は?

業務スーパー
スポンサーリンク

業務スーパーの商品ってどれも安いのですが
そもそも食材の産地ってどこなのでしょう?

国産ではないから、安いのかしら?
それって安心なのか安全なのかも気になるところですね。

徹底して紹介しましょう。

業務スーパーの食材の産地はどこ?

業務スーパーの食材の産地は
以下のような世界各国となっています。

例えば、

ベルギー
スペイン
フランス
ドイツ
イタリア
オランダ
ハンガリー
スワジランド
セルビア
インドネシア
ベトナム
タイ
マレーシア
ブラジル
イラン

中国
台湾
韓国

などです。

様々な国がありますね。

もちろん、日本で作られたものも多くあります。

神戸物産が、業務スーパーを運営しています。
輸入国数は、約40カ国で
直輸入アイテム数は、約1200アイテムとなっています。
自社アイテムは、200アイテムです。

アジア 74%
ヨーロッパ その他 23%
アメリカ・南米 3%

アジアが多く占めています。
日本では自社工場数が、21箇所あります。

牛乳パックのスイーツなどは
まさに日本にある自社工場で作られています。
業務スーパーのオススメのスイーツ10選とは?人気があるのは?!

様々な国からの輸入されている
商品の安全管理は、どうなっているのでしょうか?
気になるところですね。

商品の安全管理について

業務スーパーでは、かなり徹底的に
安全管理が行われています。

食の不安が高まる中、お客様に『安全安心』な食品をお届けすることが、
食品業を営む神戸物産の社会的責任です。

と業務スーパーを運営している
神戸物産では、大きく掲げています。

そのため、あらゆる段階での
チェック機能を徹底しています。

例えば、商品を作るところから、
様々な安全審査を経て、すべて合格したものだけが
商品化しています。

安全審査では、過去の事例や問題点などのデータを元にして
リスク管理も行われています。

製造工場では、現地視察を行って
生産体制のチェックや問題点などの指導を徹底してます。

海外から日本に入ってきた商品は、
もちろん厚生労働省や農林水産省の指導する
厳しい検査を受けています。

審査や検査でクリアしたもの安全な商品が
国内で販売されています。

食品衛生法に規定される製造基準を満たしているのか?
などをチェックして、
食品衛生検査
動物検疫
植物防疫

を通過して、日本に入ってきます。

独自の品質検査もすごい!

神戸物産では、専門スタッフが
独自の品質検査を行っています。

例えば、入港した全部のコンテナから
ランダムで微生物や理化学検査、
官能検査を行っています。

検査を行う専門のスタッフは、
味覚トレーニングや検査制度チェックなどの
訓練を受けて、日々専門性に磨きをかけています。

品質検査は、外装検査や目視
重量や商品ごとの検査項目など
10項目以上をチェックしています。

微生物・理化学検査では、
衛生的な問題や糖度や
酸度、塩度、変色変質などを
調べています。

更に、複数のスタッフにより
機械だけでなく
味覚・嗅覚・視覚などの人間の感覚器官による
官能検査での評価も行っています。

徹底した業務スーパーでの品質管理システムは

  • 商品開発事前チェック
  • 現地工場チェック
  • 品質安全検査
  • 商品検証
  • 4段階でのチェックが行われています。

    これだけ徹底した品質管理が行われているのでしたら
    安心して、食べることができます。

    主婦として、台所を預かる以上、
    家族の健康を考えて、毎日の食事を用意していますから
    いくら安くても食の安全が、ない店からは
    一切購入することはないでしょう。

    安心安全があった上で、さらに
    価格が安いとなったら、最強ですよね。

    業務スーパーの企業努力と
    真摯に向き合う姿勢は
    今後も続いて行ってほしいと思います。

    しっかりとした会社の考えがあればこそ
    お客もついていきますので、
    それにより売上もあがって、
    業績も伸びていくことでしょう。
    業務スーパースタッフが選ぶ人気商品5選とは(最新版)

    どうしても、国産にこだわったり、
    農薬が気になる野菜については、
    どんな農家でどんな土作りをしているのかなど
    わかる、野菜の宅配をお勧めします。

    無農薬で、有機栽培の野菜だけでなく
    自分好みの味の野菜も選べるも画期的です。

    ココノミのお試し購入は送料無料!テロワール野菜宅配

    タイトルとURLをコピーしました