業務スーパーの米の値段や味は?美味しいのか評判チェック

業務スーパー
スポンサーリンク

どんな食材でも安い業務スーパーですが、
お米の値段はどうなのでしょう?

10キロ買ってしまってまずかったら
ショックですよね。

味も美味しいのか、まずいのか
皆さんの評判をチェックしておきましょう。

業務スーパーの米の値段は?


業務スーパーでのお米の値段は、
安いものはとことん安いですね。

10キロ2000円代のものや
5キロ1200円代のものがあります。

1キロや2キロ入りのお米もおいてあります。
1キロ入りには、玄米やもち米などがあります。
また、2キロのものには、無洗米もおいてあります。

国産のものでも、家庭応援米や大地のごほうびや
業務スーパーのお米がかなり安いようです。

30年栃木県産コシヒカリ
30年岩手県産ひとめぼれ
30年千葉県産コシヒカリ
30年北海道産ななつぼし

なども大変安いです。

業務スーパーでのお米の値段(2019年5月現在)を
実際に、お店に行ってみてきました。

お米の種類重さ値段
国内産 家庭応援米10キロ2550円
大地のごほうび10キロ2980円
米産カリフォルニア産カルロースライス10キロ2390円
業務用精米(国産)10キロ2350円
30年栃木県産コシヒカリ10キロ3180円
30年岩手県産ひとめぼれ10キロ3180円
30年千葉県産コシヒカリ10キロ3180円
30年北海道産ななつぼし10キロ3380円
岩手県産ひとめぼれ5キロ1590円
北海道産ななつぼし5キロ1690円
千葉県産コシヒカリ5キロ1590円
新潟県産魚沼コシヒカリ5キロ2680円
米産カリフォルニア産カルロースライス5キロ1200円
国内産もち米1キロ480円

価格は、税抜き価格です。
2019年5月の価格です。変動する可能性がありますので参考値としてください。

北海道産のななつぼしの10キロの値段は
5000円前後しますから、
業務スーパーのお米は、ブランド米でもかなり
7割位安い
ようです。

また、業務スーパー以外の通販でも家庭応援米を
購入することができます。

業務スーパーの米の味は?

業務スーパーであっても、
価格によって、それぞれ味が違います。

安いものは、まずいのではないかというのが
大方の予想ですが、実際はどうなのでしょう。

中国米やタイ米など流通していたときに
食べた時には、味付けなどして
米本来の味がわからないようしてしまえば
食べれるというのが、実感としてあります。

米そのものを味わう日本の文化では、
米自体が美味しくないと
まずくて食べれないという評価になりがちです。

お米本来の味を楽しむのか
それともチャーハンや味付けをして調理するものか
また、炊き方によっても、
同じお米でも、味の評価も変わってきます。

実際に、食べた人たちの評判を見ていきましょう。

業務スーパーの米が美味しいのか評判をチェック

米産カリフォルニア産カルロースライスの味の評判について
見ていきましょう。

カルロースライスの特徴は、日本のお米の短粒種と
タイ米等で知られる長粒種の中間で、
カリフォルニア州オリジナルの中粒種で
両方の良いところを持っています。

アジア料理や地中海料理、西欧料理にとてもよく合います。

食べた人たちの評判は、

  • 炊きあがったご飯をチャーハンにすると、パラパラになって美味しくできた
  • カレーライスにピッタリ
  • 硬めでパラパラなので、パサパサしてる
  • さっぱりした感じ
  • 丼ものに合う
  • 水洗いしたら、浸水しないで炊く、または早炊きが向いています。
    炒めたご飯ものに合うようです。

    国内産の家庭応援米はどうでしょう。

    こちらは、国内産ではありますが、
    複数原料米で、単一米ではありません。

    複数原料米というのは、「ブランド」「年度」「産地」が
    バラバラに混ざりあっています。

    さらに、米粒が、とても小さいことも価格が安い理由です。
    また砕けた米も入っていることもあるので
    よく洗米しないと、糠くささが残ります。

    味は、

  • 美味しくはないけど、普通に食べれる
  • 雑穀などまぜたり味付けご飯だったらわからないかも
  • それほどまずいというものではない
  • 等の感想です。

    よく洗うことがポイントのようですね。

    また、複数原料米の場合は、米粒が小さいので
    炊くときに、水分が多いと他の米とくっついてしまいます。

    そのため、炊く時には、水分を少なめにすることも
    ポイントです。

    米が安い理由とは?

    生産地が日本であっても
    お米が安い理由とは何でしょう。

    通販でも、激安米というものが
    売られています。

    例えば、鳥の餌として10キロ1990円で
    販売しているところがあります。

    精米しているときに、潰れてしまった米も入っていたり
    米の大きさも普通のものよりも
    半分から2/3になっているため、安く売っています。

    また、異物が入っている可能性もあると
    表記されていました。

    また、ワケありの小米ということで
    10キロ2000円で販売しているものもあります。

    通常は、1.9ミリ以上のものを
    出荷しますが、それ以下の小粒の米が
    売られているためです。

    小粒であることから、
    未熟米(乳白色のお米)の割合が多かったり、
    色彩選別機で虫の被害米を除く処理はしていても
    処理しきれない場合があることや
    品種・生産者により
    乳白米・ヤケ米・着色米の混入率も高くなっていることが
    表記されています。

    また、国産であっても、米の品種が、単一ではなく
    複数原料米使用していたり
    未検査米のため生産年が、表示できないなどの理由があります。

    生産地が、日本で無いものや
    生産地が日本であっても、
    単一ではなく、複合米のものは、
    未成熟米、小粒な米、割れ米が入っているため
    価格が安くなっています。

    業務スーパーの米は、美味しいのか?

    お米は、炊き方でも人それぞれ好みが違います。
    硬めで炊いたご飯が、好みの人もいれば
    柔らかめのご飯が、好きな人もいます。

    また、丼ものや
    味のついた炊き込みご飯やチャーハンなど
    調理したごはんによっても
    お米の味が変わってきます。

    なので、一概に、私はコレが美味しいと思うと
    言ったところで、実際にはわからないでしょう。

    ご飯そのものを味わいたいのだったら
    業務スーパーの米は、どれもが安いので
    コシヒカリとかササニシキなどの品種のお米を
    買うことをおすすめします。

    普通のスーパーで、買うよりも断然安いですから。

    それほど、お米の味にはこだわらないということ
    でしたら、家庭応援米でもいいでしょう。

    今まで、何気なく食べていたお米の
    味を再発見するかもしれませんよ。

    業務スーパーは、なんでも安いので
    家計的には大助かりで、便利に使っています。

    ただ、忙しかったり、家族の誰かが病気になると、
    買い物自体に行けないということもありますよね。

    そんな時に便利なのが、食材宅配です。

    無農薬の野菜宅配もありますし、
    調理に使う食材全部が揃っているという
    ミールキットは、ほんと忙しい時には
    助かります。

    惣菜を買ってきたり、冷凍食品をレンジで
    温めるだけではなく、少しは調理もする必要があるので、
    罪悪感を感じることが、ありませんから、
    是非使ってほしいと思います。

    ミールキットの値段比較!宅配サービス別まとめ!人気はオイシックス?

    自分好みの味の野菜を注文できる無農薬野菜の宅配も
    珍しい食材に出会うことができるので、おすすめです。
    ココノミのお試し購入は送料無料!テロワール野菜宅配
    業務スーパーと宅配食材やネットスーパーなど
    必要に応じて使い分けると、ほんと便利です。

    タイトルとURLをコピーしました